今週末、台風16号?あ18号か、最近よく聞くフレーズ「今シーズン最大級、何十年ぶりに1度」というフレーズを背負った台風が近づいてきておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
ピロピロいま、バリ島にいます!
遅めの夏休みで。

バリ島来るの2回目だけど何年ぶりだろう。
5年ぐらいかな。
どんなに変わってるのか確かめるのもリピートする楽しみのひとつでございます。。

ってことで、初日のレポートをば。
フライトが羽田空港を11:45発の便をチャーターして…(なわけない)予約しておりますので、ピロピロの住む世田谷を朝の8時に出ました。

途中、浜松町で出会うと幸せが訪れるというモノルンに見送られながらモノレール経由で向かいます(光の加減でなんか怖い)。

この光景。
たまに旅行する人ならば思うであろう「キター♪───O(≧∇≦)O────♪」とテンション上がるハズの光景なんですが何故か普通…。

どうした?ピロピロ。
朝早いからか?いや、もっと早いのもザラにあるっしょ。うーん、とにかく予約しといたwife取りにいく。
今回はいつも借りてるイモトのwife(グローバルデータ)は辞めて、グローバルwifeにしてみた。
9日間かりるんだけど6,000円ぐらい差があったから。
ただ、安いだけあって?か受け取り場所がちょいとわかりづらし。
それでも無事受け取ってチェックイン。
この時期(10月)でも結構行く人いらっしゃるみたいでチェックインカウンター激混みでした(´Д` )。
あとはー、保険入ってメシだメシ〜。
日本を発つ前の日本食といえばー?

やっぱコレ。
シースーでしょ、だしょ、でしょっテンダー↑↑。
回転寿しなのに回らない。
ありそでなかった?ありそ寿司さんにて、ビールと寿司を食べいざバリ島!

出発(でっぱつ)なのでdeparture(デパーチャー)とならったかどうかはさておき、出国手続きをして搭乗ゲートへ向かいます。

今回お世話になるのはガルーダインドネシア航空。
最近の旅行はエアアジアとかLCCをよく使ってたんだけど、バリ島はトランジットとかメチャ乗り継ぎが悪かったので渋々コストかかるけど通常のエアにしますた。その代わり直行便なのでラクちーん。

が、そんなに甘くなく?
搭乗ゲートは1番奥!エアアジアもLCCだから遠いけど今回もかよー。
とか言いながらもキョロキョロしながらスグ着くわけですけどねー。

みんな既にスタンばってますよ。

本日のゲートは141番。いょい!

そして機上の人となったピロピロにガルーダインドネシア航空さんからステキなプレゼントが。

なにやら杏果風のお色です。
中身はなんでそ?

靴下と耳栓〜。
必要ですね!地味に使えるもの使っていただけるものをというガルーダインドネシア航空さんの心遣いありがとうございます。
そして飛行機でのピロピロ最大の楽しみといえばー?やっぱ機内食でしょ。
本日のメニューはこんな感じデス。
和食とインドネシア料理の2択。
さっき寿司食ったしここは当然インドネシア料理でしょ!
って思ってたとこに1発目のハプニングが来襲するのです。
それは、、なぜかウチらの、列だけ機内食が配られない事件です!
CAさんからいつものように、和食?インドネシア?と聞かれ「和食」とお答えし十数分。
最初はインドネシア料理切らしてるんだ(後からもってきてくれるのねと理解)と思ってたんだけど、あれ?遅すぎね?後ろの席を見るとみんな食ってんじゃんΣ(゚д゚lll)ヲイ!!
トイレ行くついでにCAさんにお願いしてやっときたけど、既にインドネシア料理はなく。。泣く。

和食…。
さっき寿司食ったのにー。
ま、気を取り直してヘルシンキミールをいただきます。

お箸、なかなか凝ってますね。
しかし、ヘルシンキすぎてお腹が満たされませぬ…。

そして機内のもうひとつのおっきな楽しみは映画。
日本でまだやってないヤツがあったりすると嬉しかったなぁ。
昔は番組表があってそれ通りにみなくちゃならなかったけど、さすがに最近はそんなこともなくおうち感覚でいつでもどれでも観れるようになってるね。
しかもタッチパネル!
ま、日本語字幕に対応してくれてるとさらに嬉しいんだけど外資の航空会社だからね。

機上の人になってから約5時間後、、おやつが。
機内結構寒いんだけどアイス。。
しかしコレがうまかった。糖分を欲してたのか。

別に飲んでたカベルネかけたりして。
2度おいすぃー!

フライト8時間弱なんだけど、かなりグッタリ。
ピロノミー症候群発症しそう。
窓の外を見るとバツグンの夕焼けが。
ビューティほー&ワンダほー。

ひー。
やっと到着しましたよ。
バスでターミナルに移動。
手すりが透明。

おー、キーレイ。広〜い。
こんなキレイだったかしら。

この後、インドネシアは入国審査する前にVISAが必須らすぃ。
限定ではあるけど機内で入国審査までできる便がガルーダにはあるらしいんだけど残念ながらピロピロが乗った便はそうではなかった。
んでそのVISAの金額は、るるぶでは30日未満は$25ってあったけど$35になってた…orz
るるぶにはドルで払うからドルを準備しておけ的なあったけど日本円で払えたからホッとしたよ。4千円ちょいだった。ちと高い。
無事入国審査を終えて荷物待ちまっせ。

改めてになっちゃうけど10月でも人多いなぁ、、。

トランジットしないからなくなることはないんだけど、無駄に心配しながらやっとピロピロケースがドスンガタンカカカカカときたのでピックアップ。

その後、空港出た後のタクシー交渉が面倒だと思ったので、空港内のタクシー案内所でタクシーをオーダー。

※写真は追って撮影
値段は問題なかったけどこんなチケット渡されて空港をいったんでました。
ホテルのあるウブド北東部まで350,000ルrp。だいたい3,500円弱かな(110ルピア/円)。
距離にして30kぐらい、時間にして1時間15分ぐらいだった。
日本のそれに比べたらもちろん安いよね。

ただこのチケット渡されたはいいんだけど、ドコでタクシーを拾うのかがわからず…そうこうしているとタクシーの運ちゃんがそこいら中で声かけてくるし、ポン引きに見えてしまうのでぞんざいな態度をとってしまいがちなんだけど、結局そのうちの1人にチケットを見せたらチケット買ったトコに(外からでも話せる場所にある)連れていってくれたw
そしたらそこでタクシーの運ちゃんが集められ誰が行くのか決めるみたいなんだけど、この時間(夜の9時過ぎ)から1時間チョイのトコに行きたいと思わないらしくスグに決まらず、しまいには350,000rp払ったのに更に50,000rp追加しろ的な話まで出る始末(日本円にして500円なんだけど)。
もちろん断り、そしたら職人さんみたいなカンジの人がオレが行く的にスーツケースを持ってついて来いと言ってくれたのでその人に連れてってもろた。
途中大渋滞で高速使ったけどそれも10,000rp(100円ぐらい)だったから全然OK。

しかし噂以上に交通マナーがないというかラフ。。
やはりバイクの数が尋常じゃなく、しかも2ケツ3ケツ当たり前。
信号待ちしてると次から次へとバイクが車の前と横に入ってくる。
交差点は押せや押せやの割り込み地獄でココで運転はしたくないな思ったねー。
ウチの運転手さんもグイグイ飛ばし、疲れて眠いんだけどとてもじゃないがら寝てられない。
しかも職人気質っぽい顔立ちで実直そうないいひとだと思う反面、油断してるとどこかに連れてかれるんじゃないかという変な不安感もあり気が緩められない。
運転手さんがいきなり車を止めて降りた時にはビクッとした。
2回あったんだけど、1回目は荷物が安定してなくて積み直したのと、もう1回は喉が渇いたとコンビニに前触れもなく寄るというマイペースさに苦笑いしつつ無事ホテルへ。
いろいろあったけど1時間チョイのロングドライブにお疲れチップを20,000rpお渡しし、グッジョブ&グッバイそしてグッナイのトリプルグッでお別れ。いい人でよかった。

もう一刻も早く部屋へいってこの空腹感をなんとかしたい!
速攻、レセプションに行き、出されたあま〜いジンジャーティーとおしぼりで手を拭き拭きしつつ、サクッと受付しし部屋にドサッと荷物を置いてレストランへ。
やっとありついたのがコレですわ。

ビンタンビール。
生き返る〜。

シーフードスープと、グリーンサラダ

シーフードナシゴレン

部屋探訪、ホテル探訪はまたあしたー。
んじゃね。