ピロピロちゃんねる♪

日頃、ぴろぴろりん♪ と思うこと。

ザ☆飲み!

【角打ち】四ッ谷の鈴傳(すずでん)は地下が凄かった。

角打ちCapture 
コレは宅急便とかでよく貼ってあるヤツねw ↑

突然ですが、角打ち(かくうち)って知ってる?

なんか最近流行ってると聞いたことがあるんだけど。


どうやら一般的には、
  • 酒屋で立ち飲みする。
語源的には、
  • 升(ます)の縁に塩を盛ってそれをアテに日本酒を飲む
といったあたりのようですが、
要は、酒屋の隅っこでくいーっとやるカンジみたい。

角打ちというコトバ自体は北九州で立ち飲みのコトを角打ちと言っていたのがそのまま使われてるのかな。
※角打ちってWikipediaで検索したら「立ち飲み」のページに転送された。
代表的な立ち飲みの店は、酒の小売店としての酒屋に併設された立ち飲みスペースのことである。酒とおつまみ(乾き物や缶詰、フライ)などを購入し、店の一角やレジカウンターの隅を借りるかたちで、店で買った酒やつまみを飲食する。
飲食店ではないので、店側はサービスできないのが基本であり、椅子を出せないので、立ち飲みとなる。なお、客が勝手に店内のビールケースなどを持ってきて、古雑誌を座布団がわりに座る場合もある。
かつての酒屋併設型の立ち飲み屋は酒屋の入口とは別に設けられた。これは、料理や酒を同一店内で提供しないことで、許認可が必要となる飲食店の形態を採らないための工夫である。主に大都市のドヤ街や繁華街、公営競技場周辺などにみられ、顧客は日雇いの肉体労働者が多かった。このような立ち飲み屋は1960年代にピークを迎え、単純肉体労働者の激減と嗜好変化により減少の一途をたどった。via Wikipedia(立ち飲み)
あったあった。
コドモにはうかつに近寄れない場所。
オトナになっても近づきがたい雰囲気がモリモリで、でも入ってしまうと居心地の良い昭和な場所。

角打ちをもっと掘ると、
飲食店ではないってトコがポイントで、
酒屋的には酒を試飲的に出せば飲んでもらえるわけで、飲んでもらえれば酒が売れる。

            ↓

ソコに人が集まれば、さらに人が集まってくる。

            ↓

居心地がよければ、リピートするわけで。
酒屋的には営業PRのひとつなんだね。安い、速い、美味いを兼ね備えてるし。


でも、酒を提供するのが本業でない(本業になってしまうと飲食店許可がいる)のでサービスは提供しない。
酒屋の空きスペース(角)でその辺にあるビールケースとかを机にして勝手に飲んでます的なテイが重要なんですねー。

でも最近流行っている立ち飲みはそもそも飲食店が立ち飲みスタイルでやってるのが多いよね。
ワインバー的なのとか。
なのでそもそもコンセプトが違う。

前者はそもそも酒屋の営業PRが目的で、後者は飲食店がサービス形態の一環として提供してる。



と、またしても前置きが長くなったのだけれどピロピロは角打ち体験に行ってみたわけですよ!
3人で。
そもそも角打ちって複数人で行くトコじゃねーだろ。というツッコミは敢えて左耳から右耳に流させていただいて、

ちなみに、角打ちというかこの形態のお店?に行くのははさすがにピロピロの歳で初めてってことはさすがになく、競馬場やWINSの近くにあるトコや、大阪や東京の下町にある戦後の頃からこのまんまなんだろなーっていうトコなど、今思えばアレが角打ちだったじゃんというのは多いので。
だから今回のピロピロ達のコンセプトは「角打ち」というコトバを認識して初めていく角打ちってのがポイントですw

なので今はやってる飲食店が経営してるスタンディングバー的なトコとは別に、本当の意味での昔ながらの角打ちを探したところ、スグに教えてくれました。

ソレがココ、
2014-05-29-18-16-15
四ツ谷にございます、鈴傳(すずでん)さんです。
看板には鈴伝の文字もありますね。
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、赤い自動販売機を挟んで右側が酒屋です(お酒がいっぱい並んでる方)。
で左側のお酒の銘柄が書いてある黒い看板が5つ程並んでいる下にもう一つ入り口があって、
ソコが角打ちの入り口です(写真撮り忘れてた)。
前述のWikipediaに書いてあったとおりですね。入り口が別々になってる!

中はこんな雰囲気です。

【名古屋メシ?】「かぶ金とん」はごはんがススムくんだった

こばわー。昨日も飲んでいたので今日はサクっと帰ろうかと思っていたらまた飲みにいっていたピロピロです。

今日は痛MEN会のメンバー1人と帰り際一緒だったので軽くいきますか!ということで新規開拓、パイオニーア魂に火がついて渋谷は桜ヶ丘あたりまでブラブラきてしまいました。
いきついたところはココ!
画像7
かぶ金とん?

でつ。

画像1
カウンターとテーブルと座敷がパラレルに並んでいまして、コジャレた雰囲気。
こころなしか女性客が多いような。

なにはともあれルービーでパンカイです。
おねーさんに聞いたところ、一番のオススメは店名でもある「かぶ金とん」だそうです。
メニューをみると分かりますが、えびふりゃーとかどて煮とかあり名古屋の雰囲気醸しだしています。
かぶ金とんにはどうやら「並」と「特上」があるようでどう違うんですか?と聞いたところ
「特上がおいしい」と。
いやいや、そりゃ普通そういうでしょうよ。
あと「骨がついている」そうです。
いやいや、骨が付いている=特上ってのも解せませんよ。

一瞬の間を空けて結果、男は黙って特上頼みます。

オーダー後、2分でポテサラー。いいね。
メニュー的には濃厚ポテサラと書いてありました。
画像2
なんかちょっとミルキーな感じな女性にもウケそうなやわらかい味です。
ベーコンとかクルトンとか入ったりしてね。

「【名古屋メシ?】「かぶ金とん」はごはんがススムくんだった」続きを読む

【規格外!?】守谷の串揚げ屋「串とんぼ」はめっちゃ楽しかった

画像40
大量のマンガをなんとか送り出しまして。晩メシッス。

かあちゃんが気になってるという串揚げ屋にルッツラゴー!
画像39
串とんぼ。
串揚専門って書いてあるわりには、海鮮うまいもん、炭火焼と串揚げ以外もある様子。

画像38
ザ☆飲み屋って感じ。
おじさんが多いw

フレッシュ野菜のお通しを食べながらビールをまちまーす。
画像32
野菜につけるソースはマヨベースのニンニク+すりおろしフルーツ。
最近こんなかんじのソース多いな。スキだけど。
ちょっとしたらスタッフーが変なジョッキ(カラのジョッキに黄色い紙と綿をいれた偽ジョッキ)を手にビールもってきました。
なにかと思ったら、一緒に乾杯させて下さいと。
変な店ーw
「【規格外!?】守谷の串揚げ屋「串とんぼ」はめっちゃ楽しかった」続きを読む

よ、大統領!(いや副大統領だった)に行ってみた。

ハロー。みんなは定期的に飲む仲間いるー?
ピロピロはそのひとつ湯島で飲むだけ「湯島会」があって、
今日は年始初めての回でした。

いつもは湯島の「末廣」というラーメン屋をホームにしていたんだけど、
昨年末、オヤジがウルフ千代の富士ばりに「気力体力の限界!」といい、
おしまれつつ閉店。

写真(1)末廣 黒門町店
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13100482/

ココにはだいぶ通いました。
特にこの写真の茨城はひたちなかのソウルフードといわれている
「スタミナ麺」を出すお店で。
かつ名物オヤジ(好き嫌いあると思うけどw)がまた面白くてね。
コスパ的にもX-GUNでホームスイートホームでした。




そんなこともあり今年からホームを探す旅が始まったのです。
そして候補地1軒目として選ばれたのがココ。
すでに湯島じゃねーw ココ上野だ。
画像1
つぼッパではありません。
その右手の看板。

画像2
大統領です!

画像3
でも本店は30mぐらい離れたガードしたにあるとこで、ここは支店の副大統領。
外からスッケスケ。人いっぱい。

画像4
近くには同じようにおぢさんたちがいっぱいあつまる、
渋谷にもある浜ちゃんも。

画像5
店内1Fはカウンターメイン。2Fもあります。
なんかいーすね。この雰囲気。
しかもおっちゃんばかりではありません。女性同士のお客もチラホラ。


「よ、大統領!(いや副大統領だった)に行ってみた。」続きを読む
follow us in feedly
Line@でも更新ちう
友だち追加数
最新のピロピロな記事
ピロちゃんFacebookページもやってます。
Amazonでももクロちゃん
食べログ グルメブログランキング