今日は久々にトンカツ食べてチカラをつけたピロピロです。
トンカツはやっぱキャベツ食べホじゃなきゃね!


さて、最近巷を騒がせている佐村河内(さむらごうち)さん関連でこんな記事がFacebookだったかTwitterのウォールに上がってきた。
個人的にはなんだかなー、なんでこんなことやっちゃってるかなー。
つーか、なんだ?この上野守みたいな戦国時代みたいな名前は?
日本のベートーベン?あぁ、そうなんだ初めて知った。
にしても曲作った人はどうみてもテリー伊藤さんじゃないかとかそういったレベルの関心だったので、そのリンクをクリックするつもりはなかったのですが、上げてきた人が、けんすうさんで

この人がそう思うんだー。と思ったのでクリックしたわけです。

佐村河内氏(名義)の作品を酷評する人々の心理とは

乙武さんが書いた記事で内容をざっくりいうと、酷評する人たちは2派に分かれてて、
ひとつは一連の騒ぎ(耳が聴こえないハズが実は聞こえてたとかピアノが弾けないとか)は関係なく、
楽曲が素晴らしいならそれでいいじゃないか。

もうひとつは、逆でそういう前提の人が書いた曲だから買った(CDを)、聞いた、売れたのに、
裏切られた!許せないという派のふたつ。
乙武さんはこれらはどちらも間違っていないといっており、特に後者の心情は自分が経験してきたことを引き合いに出してわかりやすく説明してる。
「【今日のハラオチ】コンテクストこんてくすと。。」続きを読む