こんばんみー。ピロピローっす。

今日はいつもの渋谷から山手線と総武線を経由して中野までやってまいりました。
目的はいま旬なキーワード、六本木に日本初上陸したりして今話題のウルフギャングステーキハウスでも話題の「熟成肉(エイジングビーフ」です!

実はピロピロ、ウルフギャングステーキハウスのハワイ店でエイジングビーフを食したんですが(そんときはTボーンステーキ)、もともとニク好きを自称していたのがさらにハイテンションMAXなニクバンザイ状態になったキッカケでもありやす。

残念ながらピロピロ的はウルフギャングステーキハウス六本木店にお気軽に足を運ぶのがキビシー!by宮尾すすむ な状況なんで、もすこしリーズナブルな熟成肉を探し求めていたところ、ひょんな機会で中野の熟成肉におじゃまんぼすることが出来ました。バンザイ不毛会!

ご紹介しますは、中野の熟成肉といえば〜?かなこー↑↑ではなく「ツイテル」さんです。
店名のツイテルってのはピロピロの本名ミチテルにあやかってなのかやまだかつてわかりませんが、とにかく店の名前は「ツイテル」といいます。

どうやら今のJAPANは熟成肉ブームのようで、予約なしではいい時間におじゃまできないようです。
今回は予め不毛会で予約を取っていただいていたのでよかったのですが、予約しないと平日は21時杉まできびしそうッス。

さて、店外からの写真レポ。まずは店外からいや、中野を降りた瞬間、向こうまで続く中野サンモールから(ピロピロはほとんど中野初めてだったんで)。
画像1
大坂の千日前みたいなモールがずーっと続いています。コレだけでアゲアゲ。
どこに寄っても楽しそう。しかもここから右や左に入った路地がまたやっぱりイイカンジなんだわー。

んでもって中野サンモール中腹を右折してドンツキ右折したところにギャートルズばりの看板が。
画像2
ビストロ&ワイン酒場「Tsui-teru!(ツイテル)」さんです!

ビストロとありますが関係ない!。なんせ目的は熟成肉でしたから。
17:00−24:00の営業時間でつ。
それにしてもツイテルって名前の由来はなんなんでしょーね。
ちなみにピロピロはミチテルっていうんですが。関係ないねー。
画像3


店内に入るやいなやお出迎えしてくれるのはニクの塊、略して肉塊です。
なかなかない光景ですよね。食肉センターにいるようです。
画像4


まずはメニューをパシャリ。
自分の手とカメラがさるカニ合戦状態ですw
画像6
冷菜、温菜、ドリンクとリーズナボー。コレが中野価格か。
ポーション次第ですけどね。


画像7
本日のグラスワインと、本日のオススメ!
農民ロッソ、風のルージュ、蝶メルローとか日本のワインが気になりますね。
フードでは佐々木さんが作る(どーでもいいw)ガーリックライス、そしてなんといってもメインの熟成30日の炭火焼ですね。豚は400g〜100g単位(800円)でオーダー可能のようです。

部位の説明もありやーす。てか豚もエイジング対象なんですね。初めて知りました。
画像8


店内は予約客で溢れ、年齢層はちと高めのようです。
分煙されているのもよいですね。広いです。
まぁ、若い子もいいけれどやっぱ年取った人にエイジングビーフ食べていただきたいよね。なんとなく。
画像9


ささっ、ルービーで乾杯のあとはピクルスでアイドリングです。ピクピクピク。
画像10


生ハムとクリームチーズのリエット。
この組み合せはあんまり見ないですよね。 ちょちょちょいーとしょっぱめでした。
画像11


続いて、フォアグラのテリーーーーーーヌ。
テリーマーーン!いや、コッテリーーーーーーーヌ!
手前の茶色いリンゴかプラムかわからないシロップ漬けみたいなのとバルサミコ酢のソースがフォアグラとパッチリ相まみえるまして、くんずほぐれつくんずほぐれつ。メチャウマです。
画像13


そしていよいよ、盟主の登場です。
ドーーーーーン!!
まずは、アンガス牛肩ロース炭火焼です。
ヒューヒューだよー。
画像16


そして立て続けに「熟成30日赤城牛ランイチ炭火焼」の登場です!8888888〜。
赤城牛だけに赤い!いや赤身肉だから。。
画像19


塩とわさびでいただきます。
やはりニクにはイモ!
熟成肉にはフレンチフライ。肉汁がしたたってきてますねーヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
画像15


熟成肉の共演。向こうが赤城、手前がアンガス。ともに200gづつ。
画像18


まだまだ、まだまだ終わりません!
続いて「熟成30日やまと豚Tボーン炭火焼400gの登場です。
画像22
肉厚! 右奥におったっているのがTボーン。
豚肉にはマッシュポテト! つけあわせのグリル野菜もウマそうです。


ジャンケンで勝ったので(負けたけど)Tボーンをゲッツw
画像23
骨の髄までしゃぶりつくしまっせーーー!
やっぱり骨の周りについてる部分ってなんでもウマいもんね。

とここまで熟成肉を味わいつくしたのですが、なんと熟成肉の悪いところはあんなに肉々しいのに、軽くペロリと食べられてしまうところ。ウルフギャングみたいにすましバターで揚げ焼きみたいなカンジじゃなく炭火焼だからかなぁ。。
食べたのにまだ食べられてしまうということで、
「牛スジの赤ワイン煮込み八丁味噌仕立て」をば。
八丁味噌のコクがでて温玉とのコラボが鉄板です!
画像24


かる〜くオリーブ挟みます、挟みます。挟みます。
口直し的な。
画像26


そして、ロティサリーチキン!(まだ食うかw)
画像28
カレーがまぶしてあってスパイシー。
このタイミングでもまだ食えます。食欲増します!
後ろ髪をひかれながらも今回の熟成肉巡業の旅は、牛・豚・鶏と全制覇をしまして終了とします。


トイレから(を出てから)の眺め。ニク食わねーと殺されそうw
画像27


今日頂いたアンガス牛 肩ロース。表面黒いっす。ブラックシャフト並ッス。
画像31


ほとんどが赤身肉です。
画像32


本日1番のヒット。赤城牛のランイチ(たしかツーケーの方の部位)。
画像33
みんなにもこの熟成肉を是非堪能してほしー。


帰り際、中野駅はエスカがビッカビカでした。
画像34
んじゃあね。

 #それにしても、サンモールってすばらしいな。


ツイテル
夜総合点★★★★ 4.3

関連ランキング:ビストロ | 中野駅