嬉々としているピロピロです。
今日から復活しましたね!
え?何にかって?
タイトルに書いてあるんだからボケなくていーんだよと。

そう、一部では昨日から先行販売していたようですが本日(6/8)がペヤング復活祭なのです。
ワイプに映る美しすぎる女医、川村優希さんもチューモークです。

まだ関東限定らしいですがすぐ全国津々浦々に行き渡るかと…と言いたいところですが
ピロピロの同僚に本日聞いたところ岡山ではペヤングを知らない(東京に来て初めて知った)という
ローカル現象も発覚し、日々熾烈な都道府県ブランドランキング最下位をあらそう故郷茨城と群馬も
コレについては応援。
ペヤングまだまだ伸びしろあるじゃなーい。
これを機会に是非拡販していただきたい。そう思う月曜の午後でもあります。


半年ほどラインが止まっていた工場は畑の真ん中にあるようですね。


お一人様3点限り!
そんなに!?
問い合わせ殺到の様子。みんな待ってた! 


HONDAに大差で負けはしたけれど、 ペヤングソフトボール部も本日の販売再開に気合が入っていた様子。


キャプテン小澤さんは普段、ペヤングソースやきそばの「かやく」を作っているようですww
いいね! 


さてさて、今回リニューアルしたペヤング。
パッケージからして違うようです。
ぱっと見にはわかりづらいんだけど、
画面左の新パッケージはいわゆる今のUFOや一平ちゃんと同じように
本体の外側がプリントされたビニールで覆われているのです(いままでは本体がある意味むき出しだった) 。
 


そして湯切り口。
ココも大きく変化が。
いままではツメを箸などで立てて湯を切っていたのが。。 


新パッケージでは、これも他の競合やきそばと同様にシールを剥がして湯切りするスタイルに。
画面にあるように密閉性を高める目的。
コレにはマーサもこの表情。


もう、油断をしてフタがハズレて麺がドバーッとこぼれてしまうこともない。。
ちょっと寂しさを感じるのはピロピロだけでしょうか。 


そうそう、フタがシール式になったために本体の半透明な中敷きもなくなったようです。
なんかに使えないかなぁといつも思いつつゴミに直行していましたが、
今後はそんなことも考えることもなくなってしまうのでしょうね。 


6月は関東一円に販売され、7月までに順次日本全国展開のようです!


ピロピロのお膝元、パルケ(スーパーの名前)でも売っていました!
結構売れている様子。
しかーし!
先ほど朝のニュースでの画面覚えてますか?

image
ちょっとちょっとちょっとー!
パルケ〜!
復活祭だからって25円(消費税込)も乗っけるのってどーなの。


家に帰ってまじまじとなつかしの肌触りを確認しました。


横から見るとこんな感じ。
改めてフタがない…。
この白いパッケージを剥がすともうシールのフタがでてくると思われます。
しょうがないけど、ちょっとペヤングじゃなくなった。

peyanng
この「四角い顔」がペヤング の特長だったし「四角い顔」を全面に出していたのはあのフタだった。。
「よ。四角い顔!顔は四角でも味はまろやか」の桂小益さんもちょっと寂しく思ってるかもね。
いやいや、復活したんだからな。時代だ。

今はソース焼きそばだけだけど、ピロピロお楽しみのバラエティーあふれるペヤングの方も心待ちにしてまっせ!
復活したペヤングの食レポはまた今度!

がんばろうペヤング! 


んじゃあね。