Hi!ピロピロです。

ただいま結婚式にタイはサムイ島へ来ております。
もちろん愛するペヤングも一緒です。

今日2015年6月14日(日)、結婚式をこれから行うわけですが景気づけに
日本から持ち込んだペヤングを頂きたいと思います!

先日、ご紹介したようにペヤングは生まれ変わり、
 


新ペヤングはフタがありません。
なんとも寂しい気はしているのですが、しっかり湯切りしたいとおもいます。 

さて、まずは南国の空とペヤング。

なかなかいい天気。そして暑い。

ウェディングドレスとペヤング(奥さんにはナイショw)

パッケージでいちばん変わった部分。
フタがないのが横から見ると一目瞭然にわかります。
なんかねー、心持ち物足りないカンジあるよね。
いままでは四角いフタが我々を寄せつけなかった山だとすれば、
このうすーい薄皮のようなパッケージ一枚剥がすだけで目的地に辿り着いてしまうような。

それではご開帳の儀に参ります。
カロリー544kカロリー、意外に多い。
いや焼きそばはこんなもんです。
700kカロリーも当たり前ですから。

ウラ面は気持ちスッキリ。

はぁあ!
コレです。硬いフタではなく密閉型のウワサの剥がすタイプのUFO形式フタ。

そしてペヤング初採用の湯切り口。
もうツメを立てる必要はありません。

フタの表に書いてあるステップどおりに、
1)ペリっと剥がし、

3点セット(かやく、ソース、スパイス類)を取り出します。

2)かやくを投入
ココで決定的にザンネンなコトが発覚したのです!
ピロピロはかやくがフタのウラに付いてしまうのがイヤで、
以前からかやくは麺の下に入れて麺を上にするピロピロ方式を取っていたのですが、
今回の仕様変更によりコレができない…。orz
コレはこだわりがあっただけにザンネンとしか言いようがありません。

ペヤングソフトボール部の小澤麻美キャプテンも作ってくれているかやくです。
かやくをフタのウラに付けないという礼儀にも似たこのノウハウが実践できないとは!
キャプテンスンマソンでした。

そしてお湯を450ml注ぎいれます。
ココは動画で。

ペヤングへの愛情とともに気持ちたっぷりめに熱湯を注ぎ、

フタをして3分待ちます。
フタの上にソース達を乗せてしまうのはいつものボクの悪いクセby右京さーん。

3分が何事もなく過ぎ、いよいよ湯切りターイム!
湯切り口を覆っているシールをあっけなく剥がし
ピロピロ人生初の新ペヤングの湯切りです。
いささかキンチョー気味なのは否めません。 

湯切り開始!

終了!
最後の一滴まで湯切りします。

 
硬いフタではないので、こんなに振って湯切りしても
油断してフタが開いてしまい麺がおこぼれしてしまうリスクは新仕様となりゼロです。
いままでの緊張感のある湯切りは不要です(ちょっとさみしい)。

完璧を目指すためにフタのウラにひっついているであろうかやく、特にキャベツ達をデコピンでたたき落とします。

だ、ダメだぁ〜。
ひっついてるぅー(*´Д`)。
仕方がないのでキャベツをそっと取ります。

ソースを回しかけ、混ぜるのですが箸持ってくるの忘れたー(´Д` )。

ココは部屋に備え付けのフォークで。
気持ちデカい。

ある程度ソースと麺が絡まったら、ペヤングスパイスとふりかけをかけましょう。

新ペヤングソースやきそばの完成でっす!byまちゃあき風


はい。いままでとなんらかわりありません。

そばにあったマンゴーとエスプレッソというよくわからない組み合わせでいただきます。

ウマー(´Д` )。
フォークなので、パスタのように巻いて食べてみます。
すると絡まる絡まる、一巻きで半分ほどの麺を絡め取るところでした。
危うくせっかくの新ペヤングがふた口で終わるところでした。

南国はサムイという島でいま新ペヤングを食べているのは
ピロピロ一人だけだろうなという幸せを噛みしめながらありがたく頬張ります。

この感じ!そう、この味この食感、鼻を通るこの匂い!
コレだよ、ペヤングだよ。Bigだよ〜。
新パッケージにもある「Big!」の文字。
大盛りが当たり前の時代になってきているにもかかわらず、変わらず表示しているBig!の文字。
もはや何を以ってBigなのかもはやわかりませんが、
このこだわりがペヤングを支えているんだと思います。

ありがとうペヤング、おかえりペヤング。
最後に残ったキャベツや、細かい麺を容器の端に寄せて食べる時の箸(今回はフォーク)の先に伝わる容器の感触。
新しいね。
容器が変わっても楽しみに食べ続けるよ!

はやくバリエーションも復活させてね。

さーて、いよいよ本番!(結婚式ね)
なんか自分の結婚式なのに緊張感とか実感が正直ないんだけれど、
ペヤング食べて景気もついたし、いってまいりまーーす! 

 
んじゃあね。