ピロピロちゃんねる♪

日頃、ぴろぴろりん♪ と思うこと。

ランチ

【ランチ】行列のできる天丼屋@吉祥寺

2017春分の日。だいぶあったかくなってきたこの日、なんか久々に書いとこっと思わせるお店に行ったのでメモっときます。

場所 は吉祥寺。到着時間は11:15。ちなみにお店のオープンは11:00。
駅からも若干(距離が)あるしまぁサクッと入れるかなと思っていたら。。

もう行列でした。。orz
まぁ、見る限り5、6人なんで待つか。

先にパシャリしたメニューでも見ながらね。
こちらはこの通りメニューは天丼オンリー。
種類もわかりやすく松竹梅の3つ。
まー、ピロピロセオリーとしては初めてのお店はスタンダードな人気メニューか、
1番高いヤツを食べようと考えているのでココは黙って「松」をオーダーしようと心にキメつつ待つこと15分ほど。
列が動きピロピロも店の前に。

ん?
んんー?
いま気づきましたが店は1Fでなく2Fのやうです。
そしてなんと、なんと、階段にも行列がぁーーーーー!(◎_◎;)

もうココまできてやめるなんて考えられないのでそのまま待ちます。

みんな本とか見てます。
けど、客層がかなり落ち着いているせいかスマホをじっと見てる人やゲームやってる人はいないっス。

階段で並んでる途中にお店のスタッフがオーダーを取りに来てくれたので満を辞して、、
  • 天丼 松
  • 味噌椀
  • 生ビール
そして、とうとう店内にイン!
店内は大きなテーブルと奥にテーブル席の合計18席。

ピロピロも着席しました現在時刻ほぼ12:00
結局20人くらいの行列だったでしょうか、30分ぐらいで着席できましたー。
着席と同時に生ビールもアライバルです。ナイス〜!(´∀`)

はて、このクロマメ2つはなんでしょ?


お茶を注ぐようでしたのでそそいでみました。なんか上品ですな。
このおマメ食べていいのかしら(食べました)。

目の前には食べホな、お漬物が2種。

ピロピロの好みのダイコンのべったら漬け的なのと、酢ゴボウ的なヤツ。

続けざまに味噌椀が着椀です。
ふーむ、よい香り。

さて着丼までメニューを改めてみてみましょ。
ココで気になることが2つ。
  • 天丼の松竹梅の下になにか書いてある
  • 天ばら丼、発売未定の文字
ピロピロポリシー的に1番高いのをオーダーしましたがよく見ると。。

  • 松 → 穴子
  • 竹 → 鱚(キス)
  • 梅 → 舞茸
あらー、コレは値段によって普通に具のランクが変わるのかと思っていたけど、
もしかしたらメインの具を選べるということなのかと思い直し始めました。

そして、なぞの「天ばら丼」。。

天ばら丼に思いを馳せながらいると、とうとうピロピロにも着丼です!
ワオ!(≧∀≦)

コレはフォトジェニックゥ〜。
穴子がデカ〜。
まるで味噌椀が子供用のようだぁ。

どんぶりの手前から向こうまで、まるで橋がかかっている様です。
よく見えませんが改めて具は、

  • 穴子
  • 海老2尾
  • 帆立貝柱のかき揚げ
  • 海苔
  • 獅子唐
  • 玉子
揚げ色は濃い目。明らかによく揚げ、でも硬くなくサクッと。
海老は外カリ中ジューシー、
泥臭くなりがちな穴子もシッカリ揚がって美味しい。
帆立貝柱のかき揚げもウマー( ´Д`)。

タレはどちらかというと甘めより塩味が強めです。
味が濃いのでご飯がグイグイ進みます。
適度に黒七味フリフリして食べ進みましょう。

食べ進んでいるうちにコレが玉子たど気づきましたが天丼に玉子は個人的には初めて。
バッチリ半熟で濃い目のタレがかかったご飯とあいまって( ´Д`)yウマー!


いやぁ、こんなにボリューミィで満足感のある天丼に出会えてハッピーです。
正直なところご飯を大盛りにしなくてよかったなと。
お隣の女性は食べきれていなかった様子。

しかも天丼は穴子(松)をチョイスしなければ1,000円を切るわけです。
ピロピロも多分夜ご飯軽めでいいかも的な感覚で、晩ご飯が軽く上がることを考えてもコスパいいですね。
このクオリティでこの価格、コレは並ぶよねぇ〜。

満腹プクプクで店を出るとピロピロが並んでいた以上の列となっておりました。
こちらのお店は天丼オンリーということもあり食べながらダラダラという雰囲気でもなく(さりとて落ち着かないわけではない)、落ち着きのある雰囲気の中、天丼に集中して頂けます。
店内でかかっている三味線の音色が、天丼を食するペースを上げてくれます。
(ペンヘケペンペンというのではなく、津軽三味線の様なアップテンポなのでw)
帰りは井之頭公園を散策して腹ごなししましょう!

んじゃね。

関連ランキング:天丼・天重 | 吉祥寺駅

【大崎】銀座 いし井 で中華せいろ(上)をのりトッピングで〜。

アポ帰りのピロピロです。
関東地方も昨日梅雨入りしたそうで朝からバンバン雨。

でも昼には上がってこの通り。
山手通りの横断歩道もバッチリ乾いています。
本日の目的地はこの横断歩道の向かい。
そう、すき家!

ではなく隣の「銀座 いし井」大崎店。

実はピロピロ、先週の今日もコチラにお伺いしておりまして、本日は先日気になっていた「中華せいろ(特)」1,200円を食べに来たのでありやーす。

ちなみに先日頂いたのは「中華せいろ(上)」980円でした。

ところが!
中華せいろ、中華ソバともに(特)がない。
※写真では中華ソバだけ×となって見えるけどせいろも×でした

なぜに…。

結局、先週とおなじ中華せいろ(上)に、なんとなく悔しいのでのりトッピングw

コチラの麺は三河屋製麺さんの麺を使用しているらしいです。
三河屋製麺さんのことはまーったく存じ上げませんが、チラッと検索してみるとつけ麺、ラーメン界では結構な存在感があるようです。福岡県東久留米市にあるみたい。


工場見学もやってるようです。
行きたいけど遠すぎる。。ももクロどんたくも諦めたぐらいだし。

他のメニューや、

食べ方なぞにも目を通し。

いざ!

麺はピカピカ、かぼすじゃなくてすだちがお行儀よく鎮座しています。

スープは日本三大地鶏に数えられる生産数が少なく希少価値の高い食材のひとつである比内地鶏をこれでもかと煮込んでいるかはさておき、キジやヤマドリのような風味と香味がでているはず!
なぜなら机に書いてあるから。

のりも別の器で来たのでしなしなになったり、麺にひっつかなくていいね。

まずは麺だけいっとこ。
ベタつかずつるっとコシがありまふ。
いわゆるツルコシw

次はスープをくぐらせて。
はい、ウマい。
残念ながらキジやヤマドリは食べていないので比べられませんが美味しい。
脂もありドロッとしてるんだけど全然ひつこくない。

チャーシューも存在感ありすぎず、なさすぎず。

ホントは1/3ぐらい食べ進んだところですだちを入れるのですが今日はなんとなく待ちきれず、早めに投入!
そしてまぜまぜ。
すだちをいれるとさっぱりした風味になるのと麺と麺がくっついてくる頃なのでうまく離れてWナイス。

ココの特徴としてスタッフの掛け声があります。
はっきり言って聞き取れませんが、簡単にいうと、ソロソロです。◯秒前。いきます!上げます!みたいなのをふたりでやりとりしてます。
ふんわり聞いているとだんだん白目芸人のピスタチオに見えてきたのはピロピロだけでしょうか。

さて、いよいよコイツの出番ですよ。
いし井もオススメの黒七味。
いまどき別に珍しくはないんだけどコレを使わないといし井の中華せいろは完結しません。

黒七味はスープでなく、麺にかけます。
(そう書いてあります)

スパイシー!
パンチが効いてグー。

のりも巻いて食べるとなおさらグー。
パクパクいけちゃうよー。

たまごもイイ感じに半熟たい。

メンマの存在もドントフォーゲット。

ビーケアホー!
危うく全てスープを使い切るところであった。

割りスープをお願いして。

ココにも黒七味を。

いやぁ、満腹ぷくぷく。
食後もすだちとそのタネが気持ちスッキリさせてくれる気がしま…
せん!

今日もおいしいランチをありがとうございました。
サラリーマンの心の鏡、白のシャツ(今日はポロシャツ)を紙エプロンでガードするのもオトナの嗜みですね。

周りを見ると結構ソバ派も多いし今度は中華ソバいってみよっかな。
んじゃあね。

【下北沢イタリアン】Daniela(ダニエラ)さんのラビオリが鉄板デス!


タンポポもいつの間にやら綿帽子になり、楽しい時間は過ぎるのがあっちゅーま。
ピロピロ的GWもラストデイとなってしまいました。

image
下北沢では「シモキタ将棋名人戦」なるイベントがこれから始まります。
手前はカルタの人たちですが。

そしてGWラストランチ。
下北沢からちょーいとちょーいとちょちょちょいと奥まったところにあるDaniela(ダニエラ)さんに。
ココはパスタがウマい!という触れ込みです。

まず最初の一杯は泡…ですかね。

パスタランチ¥1200もあるのですが、本日はGW締めってことで2種類あるランチコースの¥2500(安い方w)をチョイス。
内容は前菜、パスタorメイン、デザート、カフェを1品づつ選ぶプリフィクスコース。
2人で伺いましたのでパスタとメインでお願いしました。
こうすればそれぞれ前菜のあとパスタ食べてメインって流れになるもんね〜。

店内はこんな雰囲気。
入り口入るとカウンターが3席ぐらい、奥がキッチン。

あとはテーブル席。テラスにもテーブルが数席。
店内は明るく優しいカンジ。お客さんも下北沢とはいえ住宅街が近いせいか子連れのファミリーと若い&年配のカップルと幅広い客層。BGMはイタリアのラジオが流れてました。

前菜は「本日の鮮魚のカルパッチョ」
今日はチヌ(クロダイ)のカルパッチョでした。
ハーブと柑橘系のフルーツ、オリーブオイルがあいまってかる〜く頂けます。カルパッチョだけにw

もう一品の前菜は「ホワイトアスパラガスの茹で上げフォンデュータソース生ハム添え(+200円)」にしました。
おっ、こりゃおいすぃー!*(^o^)/*
このミルキーチーズなフォンデュータソースってのとホワイトアスパラがあうあう。
そして写真では見えづらいけどパルミジャーノを溶かして焼いたカンジのがついてるんだけどコレがまた香ばしく泡が進むくんで、ココで白ワインをグラスで頂きます。
ボトルと行きたいけどランチだからねー。

前菜のオリーブオイルやアスパラのソースをこのチャバタで拭取るようにキレイに食べます食べます。チャバタが足りませーん!速攻おかわり頂きますw
そして次はいよいよ今日のお楽しみ。パスタです。
迷いました!
だってザーッと気になったものだけでも、

  • タリアテッレ 筍とサルシッチャのソース
  • タヤリン サマートリュフをかけて
  • トランペット茸をねりこんだコルドネッティ桜鱒のソース
  • カヴァテッリ鴨のラグーソース
  • パルミジャーノのクレマをつめたラヴィオリ ハーブバターソース 

全部ウマソー。
 
結局、ラヴィオリにしました。
コレにしてよかったー。(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー。
さっきのアスパラガスのフォンデュータソースの流れをそのまま受け継いだカンジ。
なにがウマいんだろ。
生パスタ?バターソース?中の具?いや全部でしょ!
コレは乳製品のキライな人意外は鉄板でしょう。
先ほどお願いした白ワインにあうあう。
ロングパスタと違ってラヴィオリなのでつまみ感覚でちょうどいい。
もちろんこのソースもチャバタでキレイに舐めるように残しませんぞ! 
あ、そうそうボリュームですが写真のポーションは2人で取り分けていただいた後の写真です。
なので普通にパスタとして頼んだらこの倍のボリュームになります。 

メインです。
今日は「ヒナ鶏もも肉のロースト アメリーゴ風」
アメリーゴがよくわかりませんが、コレです!
お肉はいわゆる外パリ中ジュワ。
骨離れもよく取り分けしやすい。
ローズマリーがドーンと乗っていますがさほどローズマリーローズマリーしてなくておいすぃー。

ギャートルズ肉
(Via:http://gigazine.net/news/20130702-gyatoruzu-meat/)
ピロピロ的にはギャートルズのマンガ肉ばりにむしゃぶりつきたい衝動にかられましたが
ココはイタリアン。
キレイに取り分けました。

メインが片付くとお口直しのシャーベットが。
お、これはメニューになかったのでうれしい。
真ん中にグラニュー糖があったのでついこのシャーベットにかけて食べろということかと思い
かけてみましたが多分あとにくるカフェの為のものでしたね。。ハハハ 

デザートは「お米の香りのパンナコッタ」をチョイス。
お米というか玄米のような香ばしい香りがしてコレスキー!
砕かれたこの茶色いのがまたいいアクセントになってて次来るときもコレ頼むかも。 

最後。
カフェです。カプチーノにしました。
はぁ、満喫しました。 
どれもこれも美味しかったですが、やっぱラヴィオリ!
かなりうまかったです。
さっきも書きましたがコレは老若男女鉄板なパスタな気がするので迷ったらコレ食べてみてください。
いやぁ、他のショートパスタ、ロングパスタたべたーい。
そいえば周りのお客さんをみるとほとんどがランチパスタを食べてました。


バールアリメンターリ ダニエラ
昼総合点★★★☆☆ 3.7

関連ランキング:イタリアン | 下北沢駅世田谷代田駅池ノ上駅


比較的ランチの早い時間に入店しましたが気づけば満席になっておりやはり人気店。
カジュアルな雰囲気でとてもよろしいかと思います(なぜに上からw)。
そうそう、プレフィクスコースはどうしてもメニューによって(+200円)とか(+500円)とかあるので、
食べたいものを食べると気づけば2500円のコースが気づけば3500円のコースになってることもしばしばあるので気をつけてーw


image
帰りは北沢緑道近辺でこんな素敵な色のバラに会えました。
んじゃあね。

 

【伝統的?】赤坂のオーセンティックなハンバーガー屋に行ってみた。

いや〜、あぢすぎます(+_+)。
梅雨も明けて、灼熱地獄がやってきたよう。
ピロピロも溶けちゃうよ(溶けねーって)。
赤坂のランチタイムはコンクリートからの照り返しで目玉焼きが焼けそうな暑さデス。
まぢでこんなカンジw
10










こんななか、食べに来たのはハンバーガー!

暑い時にはカレーを食え!と言うけれど、
暑い時にはハンバーガーを食え!と個人的には言いたい。

なぜハンバーガーなのか?
ソコにハンバーガーがあるから。
いや、同僚が近くにゴツいハンバーガー屋があると言っていたのを思い出したから。
暑さと全く関係ありましぇん。
しっつれぃ〜w

でも厚さは関係あるケドね。
ふふふ。

さてさて、赤坂のアークヒルズから首都高挟んでなだらかな坂道を上がりきったトコにブルーの看板が。
なんて名前かわかんないけど、ハンバーガー君が「EAT ME !!」と自虐的なセリフを言ってます。

その下では緑色の細長いの…コレは多分ピクルス君でしょうか、彼は「Good Vibration♪」とつぶやいてます。
どんなバイブスが感じられるのか?楽しみでしなかたナス!


看板から徒歩5秒ほど、お店はレンガ調の壁に喫茶店を思わせるカジュアルな外観。
注)レンガ調の壁は建物自体がこんな壁です

入り口袖にはモーモーさんが鎮座しています。
ビーフをイメージさせようとしているのかな?(全くイメージしませんが。ホルスタインだしw)

なかに入ると早速ハンバーグのパティが焼けるいいにほひがヽ(´o`;。
流石に昼時なのでほぼ満席、ピロピロは空いていたカウンターにごあんなーい。
目の前は酒瓶が。その向こうにはキッチン。
「【伝統的?】赤坂のオーセンティックなハンバーガー屋に行ってみた。」続きを読む

【デカ盛り】六本木一丁目のゆにおん食堂で、デカ盛りチャンピオンに出会った〜。

livedoorBlogのアプリがWYSIWYG対応(見たまま書けるやつ)したので、
iPhoneから書いてみよーっと。

今日はアメ降るって聞いてなかったんだけどアメ降ってる…(ー ー;)。
最近の不安定なゲリラ的な天気はホント亜熱帯気候のスコールみたいだよねー。

んで、今日のランチは六本木一丁目にある「ゆにおん食堂」。
お初です。
地下にあるんだけどなかなか清潔なオトナな印象のする和風居酒屋的な佇まい。
お時間は金曜日の13時過ぎなワケですがなかなか混んでます。アメ降ってるのにねー。
年齢層も高めな30オーバーな様子。


メニューを見るとちょっとびっくり。
和食(定食)の充実っぷりはモチロン、洋食もなかなか。
スパゲティ、揚げ物関係、そして大盛りが無料!(ピロピロ的には重要要素w)
麺やスパゲティは大盛り(倍Σ(゚д゚lll)にしても無料という懐の広さ。
逆に少なめにすると30円引いてくれるというこだわり。
コ、コレは期待。

そんなコトを思いながらメニューをシゲシゲとみていると。。

「でか盛りチャンピオン」 なるメニューが。
「【デカ盛り】六本木一丁目のゆにおん食堂で、デカ盛りチャンピオンに出会った〜。」続きを読む
follow us in feedly
Line@でも更新ちう
友だち追加数
最新のピロピロな記事
ピロちゃんFacebookページもやってます。
Amazonでももクロちゃん
食べログ グルメブログランキング