朝晩めっきり寒くなって参りましたが、まだユニクロのインナーとモモヒキで寝ているピロピロです。

このような季節になって参りますとあの季節がやってきたなと思うようになりました。

そう、アイツです。アイツ。
横歩きしかできない中国生まれのアイツ。
そう、上海蟹。
別名チュウゴクモスクガニ。

実はピロピロ、カニは大好きなんだけど上海蟹は3年前まで食べたことがありませんでした。
持ってたイメージはバブルの時代によく食べられててみんなでチュウチュウ吸っててナニがうまいんだ?ってカンジ。あとはホリエモンが上海蟹が大好きだっていってたなーぐらいなのでそれまで個人的に上海蟹には興味がなく、食べたいとも思ってなかったんだけど3年前に松陰神社の中華なお店を知って食べて以来、毎年食べねばならない程ダイスキになってまいましたー。

コレを知らなかったコトが勿体無かったいや、損してるでそ!と思うぐらい。

さて、上海蟹には九雌十雄っていう中国のコトバがあるぐらい季節モノなんだそう(九月は雌が美味しくて十月は雄が美味い)。
日本の季節に合わせるとだいたい雌は10月から11月、雄は11月から12月ぐらいになるみたいね。

さーて、そんなワケで今日は上海蟹を食べに来ました!
今夜のお店はピロピロを上海蟹に引き合わせてくれたお店です。

ご利用は東急世田谷線。
今日はピロピロのラッキーカラー、イエローです!I'm Lucky。

駅はココ。松陰神社前。
そしてお店は駅から松陰神社商店街を5.6分程歩き、世田谷通りを若林交差点方面に向かう途中にあるぅー、

広東料理Fooさんです。

余談ですがピロピロこの周辺がランニングコースなので知ってるんですが、ココの物件、Fooさんが入る前はほんっとにコロコロお店が変わって落ち着かなかったんだけどFooさんはだいたい4年ぐらいやってます。
何が言いたいかというと料理が美味い!ということです。
実力派ってコトだね。

メニューはおすすめと本日のメニュー(レギュラー)があります。

そして今日最大のお目当てはおっきな黒板にもありますあります!

酔っぱらい蟹 (上海蟹の紹興酒漬け)♪

上海蟹は蒸したり、ゆがいたり、味噌や身を他の材料と炒めたりイロイロな料理があるみたいだけど、ピロピロは俗に酔っ払い蟹と呼ばれるこの上海蟹の紹興酒漬けもしくは老酒漬けがダイスキです。
正しくはコレしか食べたことありませんw
毎年他の蒸したヤツとかも食べてみたいとは思いつつコイツと紹興酒の組み合わせに負けちゃうんだよね〜。

ってことでまずは紹興酒を。
なにやら聞いたことのある人物が。
かの三国志演義で有名な劉備玄徳さんじゃあーりませんか〜。
スタッフさんオススメの美皇帝という10年モノの紹興酒をイタダキマス。

そしてー!
「【上海蟹】松陰神社のFooで酔っ払い蟹を堪能だーぜーっと。」続きを読む