Aurelio
神泉におニューなイタリアンが出現してました。

AURELIO(アウレリオ)さんです。
AURELIOって黄金とか、オーラ、オーロラの語源みたいだけどいずれにしても光り輝くみたいな感じなのかと。
店名のホントの意味は知らないので今度聞いてみよう。

場所は京王井の頭線神泉駅南口を出て徒歩2分ぐらい。
神泉のメインストリートとは線路挟んで反対側。
渋谷からも当然徒歩圏なので立地的にかなり使い勝手がよさそう。 

電話をしてお伺いしたこともあり、席には可愛いメッセージが。
このあたりの細かいところ嬉しいですよね。   

さて、まずはおすすめのシュワシュワをグラスでいただきつつ、メニューを拝見。
後ろには開店祝いの胡蝶蘭が。 

だいたいいつも最初から最後まで決めてからオーダーお願いするのでじっくり見ますw
最初なので盛り合わせがいいかも。
と思いつつ、好みじゃないのが入ってたりお店側の策略wに乗るのがイヤなのでいつも頼まない。笑

気になるのは。。
ポテサラ、タコとういきょう、モッツァレラと桃とプロシュート、ソーセージ。
パスタはポロニェーゼ。
メインは豚。
こんな感じかなー。
と相談すると。

前菜。
気になった冷菜を盛り合わせに入れてくれるというので結局、盛り合わせにしていただきましたw
全体的にどれも手が込んでておいしいー。
イタリアのいろんなトコの郷土料理が味わえる。
盛り合わせはお店側からするといろいろ味を知ってもらうチャンスだし、
食べる方もどんな感じの料理を出すのか知るいい機会ではあるんだよね。。

中でもやはり、モッツァレラと桃とプロシュート(写真左上)、杏果いや桃が美味い。
プロシュートの塩気とモッツァレラの食感が相まって一緒に食べるとプヒー!
季節を感じますねー。
コレは単品でも頂きたい。 

そして来ました、
名物!陽気なポテサラ。
まだオープンしたばかりなのにすでに名物!とグイグイきてるのはかなりの自信の表れか。
もともとポテサラフリークなピロピロとしては、チェックせざるを得ません。
ココのポテサラは見ての通り緩マッシュ系、卵別のタイプ。
バケットが添えられているあたり乗っけてたべたらうまそー。
見た目的にもオシャレさをグイグイアピールしています。
しかもココでひとつのエンターテイメントが。

パカーッ。
半熟卵を割ると(キレイに割れませんでした(´Д` )、ポテトの白いキャンパスに卵のオーロラソースが!
Σ(・□・;)ハッ!コレがアウレリオ?
と一瞬思いましたが確認せずスルー。
まず、卵を絡めずにひと口。
んーーーま!
ポテサラといえば昔から居酒屋で食べ慣れてますが、最近はポテサラ専門店もあり、
和洋関係なくビストロなんかでもコショウやベーコンなどを効かせたパンチのあるポテサラなど
ポテサラフリークにはいい風が吹きまくっています。
ココのは和風の和もベーコンなどの肉々しさ、コショウのパンチとは無縁。
エレガントかつリッチな味わい。
ひとりで全部食べたーい♪( ´▽`)。
しかしこのうっすら残る後味はなんだ?
聞いたところマルサラをちびっと入れているんだそう。

マルサラ酒、ちょっと舐めさせてもらいました。
おぉ、この味この味。シェリーみたいな風味。ウマス!
コレは名物になっても不思議じゃない。
ってことで個人的にも名物ケテーイ♪───O(≧∇≦)O────♪

大きい自家製ソーセージと白いんげん豆。
続いてソーセージ。コレあとから気づきましたがいわゆるサルシッチャですね。
サルシッチャ好きを自称するピロピロ的には要チェック。 
ココのサルシッチャは肉のパンチより軽さにウエイトが置かれているよう。
ワインの白にも合う感じで重たくなーい。
パクパク食べれます。
しかも好み(というか食欲)に応じて長さが調整できるらしぃw
今日は最初なので普通でお願いしました。

タリアテッレ ボロニェーゼ 。
うんまい!
ココのパスタは全て手打ち。
しかも聞けばシェフは大好きな下北沢のダニエラの姉妹店の神宮前エミリア出身だということで、なーっとく。
実はもう一品パスタを食べたのだけど写真を撮り忘れ(´Д` )。
そちらもかなりプヒー!な美味さ。
パスタはどれを食べても間違いなさそう。
そしてオーナー曰く、パスタだけ気軽に食べにきてもいいってことなので、
飲みの後の締めパスタも是非!とのことでした。

たまには締めラーメンでなく、おしゃれに締めパスタも普段使いしたいよねー。

オーナーの陽ちゃんは下北沢のクォーレ、ダニエラを経て独立。
個人的に「陽」の字がつく知り合いは気のせいか飲食店で活躍している人が多い。
ココの陽ちゃんもそのひとり。
これからはやりそうなんで頑張ってねー!

霧島豚のグリル。
写真がー!撮ってたはずなんだけどない。。ので自分の写真で失礼しまーす。
#Reviewも顔出しでいかないとねw 
お皿は、肉自体も美味いし焼き具合といい肉の旨味がしっかり味わえます。
イマドキ流行の塊肉 のソレと比べてるとサイズはもちろん大きくはないけれど、
ココはイタリアン。
肉だけガッツリ食べたい人はソッチのお店に行くべきで、
料理の流れを考えるとこのボリュームがいい。 
しかーも、最初のメニュー黒板をみてもらえるとわかりますがメインでさえも1,500円!(本日時点)


まとめとしては、
エミリアで裏付けられたシェフ鈴木さんの味よし!
オーナー陽ちゃんの丁寧なサービスよし!
そしてコスパよし!
ということで 近江商人もビックリの三点盛りが確認できましたので、またお伺いします。

 
みんなも行ってみて。
んじゃぁね。